毛先のパサつきが・・・

kakumaru
27/11/2020

わたしの髪の悩みなんて禿げている人からしたらたいしたことのない悩みになると思いますが、わたしは最近毛先がパサついてまとまらないことに悩んでます。全体的に髪が傷んでいてまとまっていないのですが毛先のパサつき感がすごいんです。

ヘアリシェ育毛エッセンスの本音の口コミとは?効果や使い心地などを完全レビュー!

まとめようとクリームトリートメントをつけても髪がクリームをはじいてしまうように見えてなかなかしっとりしません。完全に髪が乾いているときにヘアクリームを使っても毛先だけは頑固にまとまらないんですね・・・。ヘアクリームが髪の表面に付いているのに、それにもかかわらず毛先はまとまらないのだから、本来ならその部分だけでもカットした方が良いと思います。でも、そう思っているのにいざとなるとカットできなくてその優柔不断さに自分でうんざりです。

髪を切るのがもったいないんですよね・・・。「せっかくここまで伸ばしたのに」という切ない気持ちになるのが分かっているのでヘアカットにいけません。せいぜい自分で1㎝くらいカットするくらいですがたった1㎝なのに髪が短くなった状態を見るとがっかりしてしまうのです。

こんな状態が続いて今のパサついた毛先があります。傷んだ髪を放置しても何も良いことないのにね。

どうか髪の毛たち逃げないで!!

kakumaru
27/09/2020

はじめまして。現在25歳の髪パサパサ系女子です。
恋人に「髪痛んでるよ。」と、頭を触られるたびに言われます。
やっぱり男性はさらさらヘアが好きですよね、、、。

メタシボリの効果と口コミ評価!

今の住まいに引っ越してきて3年になりますが、行きつけの美容室がなくいまだに探しています。

そんな私ですが、どの美容室に行っても
「髪の毛痛んでるね。」「パーマは辞めといた方がいいよ。」など、、、、
ひどいときには「髪の毛死んでる。」とまで言われたことも、、、。
こう見えてお風呂からあがったら、すぐに洗い流さないヘアトリートメントするし
出かける前には必ずヘアオイルするし、ワカメだって食べるし!気を使っています。

こうみえて私は四年前までバージンヘアでした。
専門学校を卒業してから最初の就職先では髪を染めずに働いており
そこを退社してからは、ファッショナブルな居酒屋で働き始めてからはずっと髪の毛いじめを、、、
編み込みのエクステをしてみたり、カラーなんて毎回ピンク系で大した違いない色を
2週間に一回変えに行ってました。リタッチではなく全体カラーです。
毎日180度でヘアアイロンを使ってストレートにし、それをめんどくさがりパーマをかけ仕上がりに納得いかず
また180度でストレートにするという髪の毛に対して暴力ともいえる行為を、、、(泣)

ここ最近は先ほど書いたようにケアをしています。
ですが、お風呂で髪の毛を洗うと、え?!と驚くほどの抜け毛、、、。
過去の行為に後悔はないですが、、、、将来的に髪の毛たちが逃げて行って禿げてしまわないか心配です(泣)

いいケア、おすすめがあったらお話聞きたいものです、、、。

美容院へいくのが億劫なのは私だけ?

kakumaru
10/09/2020

もともと、美容院へ行くのが苦手な私。

その理由は単純なことで、人に打ち明けると「へ?」と反応されるのですが、

美容院の人へ注文する髪型のオーダーが分からないことが原因なのです。

http://grapefulpalatewines.com/

よくある、美容院に置いてあるヘアカタログや雑誌の類。

この中から、待ち時間の間にある程度、イメージを固めてみたり、

こだわっている人なら、より具体的にイメージをしていると思うのですが、

この作業がとても苦痛なのが私。

なりたい髪型のイメージが具体的な「言葉」として表現する力が乏しいのか。

いつも美容院では、

「これくらいの長さ?」

「ボリュームは出すほう?」

「セットしやすくしたいの?」

「ここはどうしたい?」

などなど、美容師さんからどんどん、聞かれる質問の数々。

そりゃ、美容師さんはお客さんに満足してもらうために、より具体的に好みの髪型や手入れしやすいように聞かれているのですが、

私にとってはその質問が本当に億劫!!

なので、現在はセルフカットしています。

多少失敗しても、文句も言えないし(自分でカットしたから)、帽子をかぶっておけば大丈夫。

そして、ショートカットなので、大幅なカットをしなくて済む。

伸びた分だけ、ちょこちょこカットしてばOK。

単純にオーダーするのが面倒と思っている私ですが、セルフカットしたおかげで美容院へ行くというストレスからは解放されてます。

あとは、最近目立ち始めた白髪。

これも時期相応、セルフ毛染めにチャレンジかしら、と思いながら

日々、三面鏡でチェックしながらセルフカットの日々を楽しんでいます。