元保護犬のポメラニアンとパピヨンをわが家にむかえて。

kakumaru
11/06/2021

我が家の愛犬はブリーダーの繁殖権を引退した、いわゆる保護犬です。子供のころからあこがれていたワンコとの生活、ペットショップではなく保護犬を迎えようとしていた時に譲渡会で出会ったのがポメちゃん(当時3歳)でした。ペットショップのショーケースに並ぶ、愛らしい子犬とは違い、すでに3歳、しかも劣悪な環境で飼われていたようできれいではなく…

悪評が多い?Ta-Ta(タータ)の真の効果とガチの口コミをご紹介します!

ふわふわの毛の下はとっても痩せていたのを覚えています。我が家に迎えてからはたっぷり愛情を注ぎ、いまではすっかり美人さんになりました。

ですが、うちのポメちゃんは犬っぽくなくてどちらかというと猫みたいなタイプです。キャンキャンとはしゃぐのは飼い主が帰宅した時とインターホンの音に対してくらいで、普段は驚くほどマイペース。

ドッグカフェに連れて行っても他のワンちゃんには目もくれず飼い主の横でドスンと座って寝てしまいます。人にもほかのワンちゃんにも吠えることも全くないので、どこに連れて行っても「おりこうさんですね~」と褒められます。もともとの性格なのでしょうか。

一見おしとやかな性格かと思いきや、実家で飼っている2匹のワンコには強気で、「静かなるボス」のよう。寝ているときに実家のワンコが近づくと、驚くほど怖い顔をして威嚇しています。笑 そんなとこも含めてかわいい我が家の愛犬です。