肌トラブルは長期戦!目指せすっぴん美人!

ワタシは小学校高学年のときから、ニキビができはじめ、かれこれ10年近く肌悩みを抱えています。(年齢がバレちゃう…)

評判以上!アイウルルを購入して3ヶ月使用した効果と口コミ!

誰しもが通る道「プロアクティブ」を使い始めたのが本格的なニキビケアの開始だったと思います。

それでもよくならなかったので、中学生にあがったときに地元で有名な皮膚科に通い始めました。皮膚科治療ってのは本当に過酷で…。できてるニキビを潰されまくるって知ってましたか?慣れるまでは毎回号泣して、「もうやめてください!」なんて途中で中断してもらうときもありましたね。

処置代に薬代と、とにかく費用のかかる皮膚科治療は、保険が効かなくなる高校入学と同時に辞めました。別にそのときも「顔がキレイになった。」なんて実感はなかったです。

高校のときは部活部活の毎日で、「顔をキレイにしたい~」というよりも「大会優勝!」みたいな脳内体育会系だったので特別なスキンケアはしていませんでしたね。

いま思えば、グラウンドで砂まみれになっているのに、部活後に顔さえ洗わずに帰宅していたなんて恐怖でしかありません…。

本格的に肌の手入れをし始めたのは、大学生になってからですね。メイクをするようになって、最初は「ファンデーションでニキビを隠せるなんて最高じゃん!」と喜んでいたのも束の間、「今日は下地だけだよ~」なんて登校してくる友だちの肌のキレイさが羨ましくて仕方なかったです。メイクをするようになって、自分の顔をイヤでも毎日みるようになり、「メイクで隠しても意味がない。すっぴん美人を目指さなきゃ!!」とやっと肌のボロボロさに本当に気付けた気がします。

そこからは、朝・夜かかさず洗顔とスキンケアをしています。「え?当たり前じゃない?」と思われるかもしれませんが、中高のときなんて朝は水でしか洗顔していませんでしたからね…。(皮膚科の先生に怒られる…) そこから考えると、着実な一歩目です。

もちろん、ただスキンケアするだけでなく、導入液や美容液など、自分の肌悩みに特化したものを追加して、時間をかけてスキンケアすることを意識しています。やっぱりなにごとも基本が大切なんだと思います。

自分の肌状態をしっかり考えて、スキンケアのやり方から勉強して、丁寧にスキンケアをする。

まだまだすっぴん美人には程遠いですが、徐々に肌がキレイになっていることを実感していますよ!

「寝坊しちゃって下地だけなんだよね~」って言える日を目標に、これからも頑張っていきます!