私の脇汗とリフレアの歴史

夏が近づいてきました。暑くなって汗をダラダラかく様になったら汗拭きシートが手放せなくなるのですが、その前の中途半端な蒸れる時期になるとお世話になる商品があります。それはロート製薬のリフレアデオドラントクリームのチューブタイプ。これが私にはとても合っているようで、もう3年ほどお世話になっている。

なにが驚きかというと1度買った商品を3年使用しているのです。去年の残ってたのがあったなと使い続けて3年。。http://onumakendo.main.jp/

さすがに今年は使い切ると思うのですが、コスパが良すぎる。これの良いところは夜お風呂あがりに塗ってパジャマに着替え、朝着替える時に気になるようならまた塗る。少量でよく伸びて、においも無臭のため塗っている感じが無い。

のにもかかわらず、脇が蒸れた時のあの嫌なにおいをしっかりと防いでくれること。汗が止まるとかパウダーでサラサラになるなどの効果はないものの(そのくらい汗をかく様になったら汗拭きシートでふき取るかシャワーを浴びます)臭いを防いでくれていることは私にとってとても大切で、緊張して脇汗をかいてしまいそうなときのお守りのような役割で、塗ってあるから大丈夫という安心できる商品なのです。蒸れる季節が近づいてきています。今年もまたリフレアにお世話になります。きっと私は今年こそ使い切ってしまうでしょう。そうしたらまたリフレアを買おうと思います。

もしかしたら、また来年も残ったものを使っている可能性もありますが(笑)