「なた豆」効果?食べるだけで炎症予防・口臭効果があった!

kakumaru
26/05/2021

「なた豆」をご存知の人は少ないでしょう。

あまり聞き馴染みがない方がほとんどではないでしょうか。実は、デトックス効果が抜群なのです。

「なた豆」についての効果をご紹介します。

なた豆とは?

なた豆は漢字で書くと「刀豆」と書かれることもあるマメ科の一年草になります。

生命力が強く、成長すると大人が両手で持つほどのかなりの大きさになるのです。

成長したなた豆はさやが刀の形に似ていることもあり「刀」の文字が付けられるのです。そして、大きさも手伝ってまさに短刀のように見えるのです。

日本には江戸時代に伝わってきたとされ、九州地方で栽培が根付いたのです。

なた豆の効果とは?

なた豆の大きな有用作用に排膿作用がある。

体内に溜まってしまった膿の排出を助ける作用をします。例えば耳鼻科領域では慢性副鼻腔炎(蓄膿症)などに有効とされています。

 歯科分野では、歯周病や歯の根っこ。そして、さらに奥へとつながる箇所に膿がたまる歯性上顎洞炎などにいいとされています。

 なた豆は、他にも血行促進や抗炎症作用があるため、炎症性疾患の症状緩和や血流を促すことができます。そのため、回復力が高まる効果が期待できます。

 また免疫力を高める作用もあります。体の抵抗力を高めることで、疾患からの回復力をアップさせてくれる働きがあるのです。

これらの作用をもたらすなた豆の有効成分は

1.「カナバニン」

排膿や抗炎症作用・血行促進作用。

効果抜群?ブレスマイルウォッシュで口臭ケアとホワイトニングした私の口コミ体験談!

2.「コンカナバリンA」

・免疫力を強化する成分です。

・抗腫瘍効果もある。

・ガン細胞の抑制効果があるのです。

・肝臓のろ過機能の回復。

・腎機能の回復。

・むくみを予防・改善。

・糖尿病

・口臭

・アレルギー

このような効果があります。

・口臭を予防する効果

最も多い口臭の原因と言われている歯周病です。なた豆を毎日少なからず摂取することにより、口腔内の善玉菌のバランスが整いやすくなります。そのことで歯周病を改善する効果に繋がり、口臭予防にもなります。